免疫力を高めるためにできること

イベント
2ogkfsxb9n58nderzbh8_320_400-fd0d591f.jpg
【執筆】
ちさ犬猫病院 瀬戸口公代先生
先生のプロフィールはこちら
https://m.juikuru.jp/str/reserve/infoTarget/iKV8ESRxunyjXBWaGTc0

【免疫力を高めるためにできること】
さまざな病気が流行する時代に、大切なのは、免疫力といわれています。
犬や猫の健康も人間と同じように、免疫系が正常に機能することによって維持されていま
す。犬猫の免疫とはいったいどういうもので、どのようにすれば免疫力がアップするのか、詳
しくご説明します。

【免疫の仕組み】
免疫とは、体内に侵入してきたウイルスや病原体を、白血球、リンパ球、ヘルパーT細胞
などが連携して働き、排除する仕組みのことです。
免疫力は、身体的要因、または、心理的要因によって活性化されたり弱まったりします。
○免疫低下=免疫が適切に作動せず、免疫抑制が起こり病気にかかりやすくなります。
○免疫亢進=過剰に免疫反応が起こりスイッチが切れなくなります。アレルギーや自己免疫疾患を起こします。
免疫は、正しくしっかり機能してくれれば健康を維持できますが、低下しても亢進してもダメなのです。
では、具体的に免疫がきちんと働かなくなると、どのようなことがおきるのてしょうか?
免疫力が下がってくると、病原体に対して抵抗力が弱くなって、病気にかかりやすくなります。
風邪やアレルギー、ウイルス性疾患など、いろいろな病気にかかる可能性が高まるので、特に老犬や、子犬は、注意が必要です。
老犬では免疫低下によってガンなどにかかるリスクも高くなるといわれています。
子犬は、母犬から母乳を介して得た獲得免疫が、生後2ヶ月ごろで切れてしまうため、注射によるワクチン接種を開始して、免疫を一定に保たなければなりません。
一方で、免疫が過剰に反応すると、免疫自体が病気の原因になってしまうことがあります。
自分を異物と思い込み自分を攻撃する自己免疫疾患「リウマチ」や免疫が過剰に反応して
しまうアトピー性皮膚炎などが、その例です。
以上のことからも、免疫力を正しく保つことが大切なことはおわかりいただけましたね。
では具体的に、免疫を下げる原因と、免疫力アップの方法をここに挙げてみます。
《免疫力を下げる原因》
1 睡眠不足
1日、平均12~15時間は、睡眠時間があるといいですね。睡眠不足は食欲不振→免疫低下につながります。
犬や猫は、レム睡眠という浅い眠りの時間が長いため、ちょっとした物音でも目を覚まします。お昼の留守番時間が静かでゆっくり取れていればいいのですが、コロナウィルスの影響で在宅になることなとで昼間の睡眠不足、また夜型の飼い主さんの生活習慣によって、夜の静かな時間の大事な睡眠時間を逃してしまい、なかなかゆっくり睡眠をとれないということも起きています。
2.運動不足
犬の散歩は、1日2回は行ってあげましょう。犬種や体格によっても異なりますが、少なくとも30分はかけてあげたいところです。
猫は、積極的に家の中で遊びに誘ってあげましょう。じゃらし遊び、追いかけっこ、フードをいろいろな場所に隠した宝探しなどがいいでしょうか。
運動不足は、代謝が落ちるので、血液循環が悪くなり免疫力がさがります。
3 体質に合わないフード
合わないフードは、消化不良をおこし、必要な栄養素が体に入ってきませんので、栄養不足になり免疫力を保つことができません。
犬や猫は、本来、肉食動物なので、動物性のたんぱく質をしっかりとりたいところですが、フードによっては、たんぱく質が少ない栄養的に粗悪なフードもあり、そのようなフードを食べ続けることもよくありません。また人間とちがって、炭水化物も、たくさんは必要ありません。
免疫力にとって、フードを正しく選ぶことはとても大切になってきますね。
 
【免疫力アップのために】
免疫の70%は、腸の力でまかなっているといわれるほど、腸内環境はとても重要です。
腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が住んでいて、日和見菌は多い方の菌に協力するので、善玉菌が多い環境では、よいバランスが保たれるのです。
腸内の環境をいい環境にするためには、食べ物がとても大切になります。
具体的に、善玉菌を増やしてくれる食べ物を紹介しましょう。
○発酵食品
納豆、ヨーグルトなど、
ただし、味つけなし、プレーンです。
○オリゴ糖
バナナ、さつまいもなど、
カロリーもありますので、1日一回1切れを目安にあげましょう。おやつとして与える場合、普段のフードの10%以内のカロリーが目安です。
○食物繊維
リンゴ、大根、キャベツなど
野菜は茹でて、小さく切ってあげてください。
○サプリメント
免疫力アップに様々なサプリメントがあります。様々なものがありますので、取り入れやすいものから使ってみてもいいでしょう。
・乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌
・善玉菌のえさとなる乳酸菌生成エキス
・アガリクスなど、抗がん作用があるといわれるサプリメント
ただし、サプリメントは、薬とはちがいます。即効性はありませんので最低でも2、3か月続けてみましょう。
 
免疫力アップをすることは、犬や猫たちにとっても非常に重要です。
様々な環境の変化やストレス、未知のウィルスに打ち勝つためには、よく食べ、よく遊び、よく眠るを心がけ、免疫力を高く保つことが大切だといえますね。
今一度、愛犬愛猫の免疫力を見直してみましょう。

 

カレンダー

2020/9
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

タグは未登録です

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です